屋良 りか

name 屋良 りか  Rika Yara
positon 臨床心理士
service ・心理カウンセリング
・支援者へのコンサルテーション(ケースワーカー、教師、保育士等)
・セミナー(子育て、夫婦パートナーシップ、援助職向け、メンタルヘルスケア等)
lisence 臨床心理士13年目(資格所得2005年)
works 【臨床歴】
・沖縄県女性相談所(配偶者暴力相談支援センター)
・スクールカウンセラー(県内小中学校)
・精神科クリニック
・就職、生活支援パーソナルサポートセンター
・母子生活支援施設(那覇市、浦添市)

【主なセミナー歴】
・沖縄県労働者福祉基金協会 職員向け全体研修(2013年)
・沖縄県おしごと応援センターOne×One 職員向け継続研修(全4回)
・沖縄県母子寡婦協会 職員向け合同継続研修(全5回)
・新城優子司法書士事務所 職員研修(2016年、2018年)
・那覇市こどもみらい課 「つどいの広場わくわく」子育てセミナー
・Raising Natural Kids「学び会」主催
夫婦のパートナーシップセミナー

サイト運営者による編集前記

容姿端麗なだけじゃない!ダイレクトに相談できる臨床心理士の屋良りかさん。

子育て、夫婦関係、人間関係、親子関係、恋愛、自分自身、人には多くの種類の悩みがあります。「問題が大きくなりすぎて、もう解決できない」となる前に、ぜひ一度ご相談ください。

 

プロフィール -profile-

1976年生まれ。那覇市出身。琉球大学大学院 修士課程修了後、沖縄県女性相談所でDV被害者等の女性支援(5年)、小中学校でのスクールカウンセラー(3年)、精神科クリニック勤務を経て、2012年より就職・生活支援パーソナルサポートセンターにて生活困窮者や就労困難者等の自立支援に携わって来た(4年)。

2013年からは、母子生活支援施設にて一人親世帯の母子への心理カウンセリングや職員へのコンサルテーション等に携わり5年目を迎える。  

2017年、直接相談できる臨床心理士としてフリーの活動をスタート。有料の心理カウンセリングやセミナー等を行い、「心理学で家族みんなが笑顔になれる」をコンセプトに悩みの根本解決を図る。

プライベートでは、三姉妹の母(小4、小3、幼稚園年中)。2018年3月、9歳年上の夫と結婚10周年目を迎えた。

【メディア掲載・出演】
・沖縄タイムス(2017年8月)
・沖縄タイムス ほ〜むぷらざ「彩職賢美」(2018年3月)
・FMとよみ「キッチンの女王」(2017年9月)
・FM宜野湾シティ「素敵女史クラブ」(2018年1月)

 

私のサービスは、こういう方にオススメ!

相手を変えることはできませんが、自分自身を変えることはできます。我が子やパートナーをどうにか変えられないか、と思っているうちは、残念ながら目の前の問題は解決しないどころか、悪化すらするでしょう。

誰かを変えたくてカウンセリングを受けよう、受けさせようとするのではなく、解決のために自分はどうしたら良いのか、自分自身の課題は何なのかという意識と、自分の人生に責任を持つという覚悟が必要です。

その覚悟ができた方は、すごいスピードでどんどん前進して行きます。私はそのような思いを持った方々のお力になれるよう、全力でお手伝いをさせていただきたいと思っています。

【相談内容の例】
✔子育ての悩み:関わり方・対応方法について、子どもを怒鳴る・叩いてしまっている
✔夫婦関係の悩み:DV、別居中だが関係修復したい、仲良くしたいが方法が分からない
✔人間関係:職場の人間関係、友人関係、周りにどう思われているか気になる
✔親子関係の悩み:親が嫌い、実家に行くのが苦痛、親に分かってもらいたい
✔恋愛の悩み:結婚したいが結婚に不向きな男性とばかり付き合ってしまう
✔自分自身について:自分に自信が持てない、自己肯定感を上げたい、生きるのが辛い

 

このサービスを始めたきっかけ

長年、DV被害に遭われた方の支援をさせていただく中で、もっと早く防げなかったものか、という無力感にも近い感情を抱えながら仕事をしていた時期があります。

また、別の機関でも、カウンセリングの中で「私、離婚しなくて良かったかも…」という今更すぎる気づきがあり、「もっと早く相談したかった!」という落胆と後悔の声を何度か聞いています。

数年かけて、やはり予防的な関わりが必要だという思いが徐々に私の中で強くなって行きました。

そんな中、「妻と仲良くしたいけど口をきいてくれない」という切実な悩みを抱えた若い男性との出会いがありました。専門家に相談したくて役所等の相談機関をまわったが「そういう相談は受けていない、離婚の相談なら可能」と断られ続け、「仲良くしたいという相談はできないのか」と途方に暮れていたとのこと。

最終的には「臨床心理士なら心療内科へ」と勧められてしまい、「病気じゃないのに心療内科を受診しないといけないのか」という怒りにも近い感情を抱いた男性が、ようやくたどり着いた臨床心理士が私でした。

このような数々の出会いの結果、私の中に「直接会って相談できる臨床心理士がいてもいいのではないか、もっと気軽に相談に行ける環境があれば、夫婦関係が破綻してしまう前に、予防的な関わりもできるのではないか」という思いが大きくなり、フリーの活動をスタートすることとなりました。

今後、どうなっていきたいか?

「心理学で家族みんなが笑顔になって欲しい」という想いがあります。子どもたちの笑顔を守るためには、ママたちがまず笑顔にならなくてはいけない。でも、ママだけでなくパパも、子どもだけでなく大人も、家族みんなが笑顔になることを大切にしたいと思っています。 

そのためには、既に親になっている方々だけでなく、今から親になる若い方々にも、学校では教えてもらえない夫婦関係の築き方、子どもへの関わり方などについて、パートナー選びの段階から学ぶ機会を作りたい、と考えています。

 

 

基本情報/お問い合わせ先
会社名・団体名 沖縄心理カウンセリングルーム Brilliant Life Garden
住所 那覇市おもろまち
営業時間 9時30分〜15時00分
定休日 月曜日
ブログ http://doublelicca.ti-da.net/ 
Facebook(個人) https://www.facebook.com/doublelicca
お問合せ先

HP:http://yararika.okinawa/(2018年4月現在作成中)

 


前のページへ戻る

これから起業を考えている女性へ

 

協賛企業

起業女性応援アドバイザー

金城 真有美

金城 真有美

Mayumi Kinjo

プロフィール詳細を見る

マンツーマンの起業サポートコース

金城 真有美をフォロー